頑張った自分をほめてあげよう

頑張った自分をほめてあげよう

「がんばったね!」
「えらいぞ−!」

 

頑張った,頑張った自分.ほめる,若くなりたい

 

朝が始まって夜に終わる・・
あっという間の一日です。

 

私は、主婦でありながらフルタイムで仕事をしています。

 

毎日、その日の自分のスケジュールに追われたり
優先順位を考えながら用事をしたりしています。

 

「あ〜〜、疲れた!」
「ふうー」ってたまには、ため息もつきたくなる時があります。
帰ったら、動きたくない時もあります(笑)

 

そんな時は、一呼吸ついて
「頑張ったねー」って自分を自分でほめてあげます。

 

そして、頑張った自分にごほうびうをあげることにしています。

 

自分が今までほしかった物でもいいし
そんなに高価な物でなくてもいいのです。

 

極端な話ですが、買い物のついでに買う
シュークリーム1個でもいいのです。

 

シュークリームを目の前に置いて
「良くやったね!頑張ったね!」と言いながら
食べるシュークリーム美味しいこと!
ほお張りながら、幸せを感じたりしています。

 

頑張った,頑張った自分.ほめる,若くなりたい

 

脳は、ほめられたり幸せを感じると
『セロトニン』という脳内ホルモンが分泌されて

 

前向きな気持ちになったり
細胞を新しく生まれ変わらせる成長ホルモンの
分泌を促す効果があります。

 

「また、頑張ろう!」とやる気も出てきますし、
美容にもとってもいいのです。

 

若くなりたいあなたに、試していただきたいです。

 

あなたは、自分に何をごほうびしてあげますか?

 

⇒若くなりたい!マイナス肌になる秘訣とは?の一覧に戻る

⇒トップへ戻る

関連ページ

マイナス肌には睡眠が大切
マイナス肌には睡眠が大切です。食事のバランスも大切ですが、一番大切なのは睡眠をとることです。睡眠不足になると体調不良になったり、肌荒れを起こしたりします。
マイナス肌には適度な運動が大切
マイナス肌には適度な運動が大切です。お肌の血行が促進されて、新陳代謝もよくなります。少しカラダを動かすだけでもいいのです。日々の生活の中に取り入れていきましょう。
マイナス肌には紫外線対策が大切
マイナス肌には紫外線対策が大切です。お肌のハリや弾力をうばうだけでなく、シミ・シワ・ソバカスなどお肌の老化も早めたりします。しっかり紫外線対策をしましょう。
食生活で若さやマイナス肌をめざすには?
食生活で若さやマイナス肌をめざすには、毎日バランスよく、カラダに良い食事をとることが大切です。
お肌のためにストレス発散しよう
お肌のためには、ストレス発散をしましょう。。 ストレスは、お肌と密接の関係にあります。お肌のくすみがでたり、シワ・たるみの原因にもなります。溜め込まないように努力することが大切なのです
食生活で若さやマイナス肌をめざすには?
食生活で若さやマイナス肌をめざすには、毎日バランスよく、カラダに良い食事をとることが大切です。
管理者
若くなりたい!マイナス肌になりたいあなたへの情報サイトです。いつまでも若いねって 言われたいですよね。しわ、たるみ、シミ、ニキビのないお肌づくりしませんか?カラダの内と外の両方に気をつけながら、あなたに合った方法を見つけましょう。

 
TOP お肌のケア スリムケア 頭皮、髪の毛のケア カラダのケア